ファンデーションの塗り方

ファンデーションの塗り方は、人それぞれいろいろな塗り方をしていると思います。


ここでは、ちょっとしたコツを書きたいと思います。


ファンデにスポンジは必須アイテム



ファンデーションは顔の中心(鼻のわき、額、あご)などに置いたら、外側に伸ばしていきます。


伸ばし終わったら、スポンジを使って、なじませていきます。


なぜスポンジを使うかというと、余計な油分を肌から取ってしまうというような役割があるからです。


肌にファンデの油分が残っていると、後から出てきた皮脂と混ざり、メイク崩れの原因となります。


スポンジにダイレクトにファンデを取って塗ると、ファンデーションをスポンジが吸い込んでしまって、うまく肌につきません。


一度顔に置いて、全体にのばしてからスポンジで叩き込むようになじませていきます。


コンシーラーはいつ使う?



コンシーラーは、シミなど気になる部分をピンポイントでカバーするベースメイクです。


シミを隠す場合などは、肌よりも少し暗い色を使うと上手く隠すことができます。肌より明るい色だと、逆に浮いて見えてしまうので、色には注意が必要です。


コンシーラーはファンデーションを塗ったあと、気になる部分になじませていきますが、パウダーファンデーションを使っている場合は、ファンデの前になじませておきます。


コンシーラーはいろいろなタイプがあるので、カバーする場所によって選びます。


粘り気のあるタイプはカバー力も高いですが、目元などはサラッとしたものの方がなじみます。


下地は使ったほうがいいか?



下地を使わないでファンデを塗っている方って結構多いと思います。


今は、ファンデーションも高いUV効果があるので、若い方だと使っていなくてもいいかもしれません。


でも、なんとなくお肌に悩みが増えたという人は是非使ってみてください。


くすみが気になるという方なら、黄色っぽいベージュのコントロールカラーを使うと、お肌の透明感がアップします。


こんな綺麗な肌になれるんだったら、もっと早く使うべきだったと思うと思いますよ。

陶器肌を作る

たまーに、母に、「今日の肌陶器みたいだね!」って言われるときがあります。

陶器肌とは、表面に余計なもの、デコボコやシミなどがない、均一で曇りのない肌。

陶器で作ったような肌のことを言うんでしょうね。

これは土台が綺麗じゃないとナカナカ難しいです。

そのためには、メイクの前のスキンケアも大事になってきます。

化粧水をよくなじませること。

これはハンドプッシュなどでしっかりと浸透させます。

こういった一手間で、肌のふっくら感が出て、毛穴が目立ったりすることがなくなります。

乳液やクリームは肌の状態に合わせて選び、しっかり浸透するまで少し時間をおきます。

クリームなどの前にシートマスクなどを使うとさらに肌の質感がアップします。

ファンデーションはリキッドタイプを使うと褒められることが多いです。

リキッドよりもクリームの方がしっとりすると思っている方も多いと思いますが、要は中味なので、リキッドでも美容成分などがたっぷり配合されていれば、しっとり感が持続します。

透明感の高いものより少しだけカバー力があるものを選びます。

パッと見みえなくて、でも素肌が透けているような素肌っぽいファンデもありますが、陶器肌を目指したいなら少しカバー力がある方がいいです。

色ムラなどもやっぱり陶器肌とは程遠くなっちゃいます。

でも、そんなにたくさんつけなくてもいいです。

仕上げの粉はしっかりつけます。

ファンデでカバーしきれないものも、仕上げ用の粉を丁寧に付けることで、見えなくなります。

部分的に小さなブラシなどで重ねてもいいです。

私が使っているファンデーションの中で一番陶器肌だって褒められることが多いファンデはこれです>>

ファンデが浮くときの対処法

「ファンデーションが浮く」というのは、ファンデーションが肌にぴったりと密着していない状態。

それは、乾燥して肌の表面がカサカサしている場合も、皮脂が過剰に分泌されてファンデが肌から離れてしまうような状態も浮いているといいます。

肌が乾燥している場合は、リキッドファンデーションやクリームファンデーションなど、保湿効果のあるファンデを選ぶようにすると良いです。

皮脂が多すぎる場合は、下地などで皮脂の過剰に分泌するのを防ぐものや、パウダーファンデーションの中には皮脂をすぐに固めてしまって崩れないようにすると言ったような機能のあるファンデもあるのでそういったものを活用します。

どちらにしても、お肌の土台が整っていないと、ファンデが浮いたり、ムラになったり、崩れやすくなったりします。

日頃から肌の状態をチェックして、カサついている部分などがある場合は、化粧水をたっぷりと使い、ローションパックや美容液などを使って保湿してからファンデーションを塗るようにします。

皮脂が過剰な場合、夕方になると毛穴が開いてしまっているような状態になっている人は、クレンジングがしっかりされていない場合が多いようです。

今のクレンジングはすぐに落ちてしまうので、実は毛穴の中にファンデなどが残ってしまっている場合があります。

クレンジングが上手にできないという人はクリームタイプで、マッサージしているうちにオイル化するようなタイプのものを選ぶと目安がわかりやすくていいです。

また、下地を使っていなかった方は、下地をファンデに合ったものにすることで、ファンデがぴったりと密着するようになります。