自分の肌に合うファンデーションを探す方法

ファンデーションって、その人の第一印象も左右する大事なものだと思います。

私はファンデーションをいろいろ試すのが好きなので、特に人の肌を見てしまいます。

肌のキレイな方は、全体的に美容に気をつかっているんだなと感じます。

私は、「ちょっと知り合い」くらいの人なら、肌がキレイだと、何を使ってるのかちょっと聞いてみたりします。


自分に合うファンデといえば、パウダータイプかリキッドタイプか・・・ということがあると思います。

よりナチュラルな肌を作りたいなら、リキッドタイプがおすすめです。

薄く均一に伸びて、自分の肌のような仕上がりです。


簡単に済ませたい方はパウダータイプ。

パウダータイプのキモは下地です。

できれば、そのパウダーファンデーションとお揃いの下地がおすすめ。

パウダーを密着させて、自然な仕上がりになるように作ってあるからです。

もちろん、自分の持っているパウダーファンデに一番合っていると思う下地を探すのもいいと思います。


手早く、でもしっかりと・・・という方には、BBクリームがベストです。

BBクリームはもともと皮膚の治療後に使うためのもので、カバー力も高く作られています。

下地も兼ねているので、手早くベースメイクを完了できます。


かなりしっとりさせるのが好みな方にはクリームタイプがおすすめです。


ファンデーションの色も迷ってしまうという人は、今使っているブランド以外のものも使ってみるといいです。

その会社によって色味が違っていますので、同じ会社で探すより自分に合ったものが見つかる可能性大です。


それでも、どうしても合わないという人は思い切って自分で作ってみてはいかがでしょう。

ピンク系とオークル系、明るい色と少し暗い色などを合わせて、自分にぴったりの色にします。

色味が合わなければピンクっぽいのとオークルっぽいものを合わせてみる。

色の明るさが合わなければ明るめと暗めを合わせてみる・・・・

自分の肌の色とあっているかどうかは、アゴのあたりに塗ってみて、首と色が違いすぎなければOK。


色を作るというのは、案外コスパ的によかったりするかもしれないです。

肌の色は一年中同じではないので、明るくなったり暗くなったりした時に買い換えるより、その時その時で合う色を作れたほうが便利ですよね。

私の場合は、とても濃い色のファンデーションを用意しておいて、シェーディングに使ったり、時々少量混ぜたりして調整します。


この記事へのコメント