ツヤ肌のつくり方

あるとき、芸能人のメイク方法を紹介してる番組を見ました。

すっぴんから、フルメイクするんですが、その時ある芸人さんが、下地に赤ちゃん用のボディ乳液を使ってやっていました。

それはいかがなもんかなと思いますが、仕上がった肌がツヤツヤになっていたんです。

その時、そのツヤが羨ましくって、自分の肌にツヤがなくなってることに気づいたんです。

それ以後、オイルを使ったり、ファンデに乳液を混ぜたりして、肌にツヤを出すためにいろいろやってみました。

でも、ファンデがムラになったり、崩れやすくなったりするだけで、思ったようなツヤは出ませんでした。

そのうち、ファンデーションの方に原因があるのではなくって、肌の方に原因があることに気づきました。


ツヤというのは、肌に当たった光の反射です。

肌の表面がなめらかであることと、角層が整っていること、この2つがそろっていれば、肌にキレイなツヤができます。

ツヤを出すためには、肌の表面的なことだけじゃなくて、内側のことも考えなければなりません。

ファンデーションについて言えば、オイルぽいものではなくって、保湿成分がたくさん含まれているものを使うと、全く違ってきます。

そこに行き着くまでに、時間がかかりました。

初めはファンデーションの表面的なことばかり考えていたんです。



このブログで紹介しているファンデーションのランキングに入っているものは、美容成分がふんだんに配合されているものが多いです。

あんなに苦労しても出なかったツヤが、いとも簡単に肌に現れます。

気づいてしまうと、難しくもなんともないことなんですが、これに出会うまでにはかなり苦労しました。

この記事へのコメント