ファンデーションブラシ使ってみました


今、巷で人気なのがファンデーションをブラシで付ける方法です。

ブラシは、パウダーを付けるもの・・・という固定観念を覆し、

リキッド状やクリーム状のファンデーションもブラシでペタペタと塗る時代。

言われてみれば、墨や絵の具もペンキもブラシを使うから、液体をブラシを使っても全然おかしくない。

ファンデーションブラシがいいという噂を聞いてからしばらくは使う気もしなかったんだけど、

1、2年経って、ハッと我に返るあたり、40代も半ばを過ぎてるなーという感じがひしひしとします。

20代、30代だったら、早速使ってみよ♪なんて思うんだろうな。

使いたくないと思っているわけではなくて、それが本当に自分に必要なものだと分かるまでに時間がかかるんだよね。

ま、それはいいんですが、今更感満載でファンデーションブラシを使ってみました。

何がいいのかなー?と思っていたんですが、これはいい。

一言で言うと、今まで出来なかったことができるという感じです。

テクニック要らずです。

ファンデーションって、手で伸ばしてもそれなりですが、スポンジで伸ばすと結構いい感じです。

ファンデーションの適量って案外難しくって、たぶん多めに伸ばしているだと思います。

少ないと塗りにくいので。

私の場合、ティッシュオフやスポンジで要らない量を取り除いたりとかしますが、

ブラシの場合、常に適量を乗せていくような感じです。

ブラシに吸い取られる分も多いと思いますが、つけすぎたりすることはまずないです。

ということは、厚塗りになることもないということです。

ブラシが細かい部分にまで均等に塗りますので、塗り残しもありません。

リキッドやクリームとパウダータイプ、どちらに使ってもよいんだそうです。

買うまでに時間はかかりましたが、もうすでに、ファンデーションブラシがない生活は考えられません。

この記事へのコメント