陶器肌を作る

たまーに、母に、「今日の肌陶器みたいだね!」って言われるときがあります。

陶器肌とは、表面に余計なもの、デコボコやシミなどがない、均一で曇りのない肌。

陶器で作ったような肌のことを言うんでしょうね。

これは土台が綺麗じゃないとナカナカ難しいです。

そのためには、メイクの前のスキンケアも大事になってきます。

化粧水をよくなじませること。

これはハンドプッシュなどでしっかりと浸透させます。

こういった一手間で、肌のふっくら感が出て、毛穴が目立ったりすることがなくなります。

乳液やクリームは肌の状態に合わせて選び、しっかり浸透するまで少し時間をおきます。

クリームなどの前にシートマスクなどを使うとさらに肌の質感がアップします。

ファンデーションはリキッドタイプを使うと褒められることが多いです。

リキッドよりもクリームの方がしっとりすると思っている方も多いと思いますが、要は中味なので、リキッドでも美容成分などがたっぷり配合されていれば、しっとり感が持続します。

透明感の高いものより少しだけカバー力があるものを選びます。

パッと見みえなくて、でも素肌が透けているような素肌っぽいファンデもありますが、陶器肌を目指したいなら少しカバー力がある方がいいです。

色ムラなどもやっぱり陶器肌とは程遠くなっちゃいます。

でも、そんなにたくさんつけなくてもいいです。

仕上げの粉はしっかりつけます。

ファンデでカバーしきれないものも、仕上げ用の粉を丁寧に付けることで、見えなくなります。

部分的に小さなブラシなどで重ねてもいいです。

私が使っているファンデーションの中で一番陶器肌だって褒められることが多いファンデはこれです>>

この記事へのコメント