秋・・・乾燥の季節

秋は肌が乾燥すると感じるようになる人が多いようですよ。

寒さで、血行が悪くなって、乾燥してしまうのかも。

先日ファンデーションを買いに行ったら、カウンターでお肌チェックをしてくれました。

その時、お肌が乾燥していると言われちゃいましたよ。

皮脂分が多いんだけど、それとは逆に、水分がとても低下しています。

原因のひとつと考えられるのが角質がたまっていること。

私は定期的に角質ケアをしているんですが、ターンオーバーが乱れがちになっているか、まだ足りないようです。

角質を除去する美容液を使ってあげたりして、そのあとの化粧水を浸透しやすくしてあげると良いそうです。

それと、もし、いつもより乾燥が気になると感じたら、化粧水を使うときに、コットンでつけると良いかもしれないです。

コットンにたっぷりの化粧水をつけてパッティング。

肌に染み込まなくなるまで繰り返し化粧水を足していきます。


なんとなく、コットンを使うと、化粧水がコットンに染み込んで、自分の肌に染み込む分が少なくなるような気がするんですが、乾燥しているときはむしろ逆にコットンで付けてあげるほうが効果があります。

手には染み込まないので、ある程度つければいいような気持ちになっちゃうのかもです。

ゆっくりと時間をかけて肌に浸透するのを実感しながらお手入れするといいです。

ただし、パッティングするとき、あまり叩きすぎないように気をつけましょう♪


ツヤ肌のつくり方

あるとき、芸能人のメイク方法を紹介してる番組を見ました。

すっぴんから、フルメイクするんですが、その時ある芸人さんが、下地に赤ちゃん用のボディ乳液を使ってやっていました。

それはいかがなもんかなと思いますが、仕上がった肌がツヤツヤになっていたんです。

その時、そのツヤが羨ましくって、自分の肌にツヤがなくなってることに気づいたんです。

それ以後、オイルを使ったり、ファンデに乳液を混ぜたりして、肌にツヤを出すためにいろいろやってみました。

でも、ファンデがムラになったり、崩れやすくなったりするだけで、思ったようなツヤは出ませんでした。

そのうち、ファンデーションの方に原因があるのではなくって、肌の方に原因があることに気づきました。


ツヤというのは、肌に当たった光の反射です。

肌の表面がなめらかであることと、角層が整っていること、この2つがそろっていれば、肌にキレイなツヤができます。

ツヤを出すためには、肌の表面的なことだけじゃなくて、内側のことも考えなければなりません。

ファンデーションについて言えば、オイルぽいものではなくって、保湿成分がたくさん含まれているものを使うと、全く違ってきます。

そこに行き着くまでに、時間がかかりました。

初めはファンデーションの表面的なことばかり考えていたんです。



このブログで紹介しているファンデーションのランキングに入っているものは、美容成分がふんだんに配合されているものが多いです。

あんなに苦労しても出なかったツヤが、いとも簡単に肌に現れます。

気づいてしまうと、難しくもなんともないことなんですが、これに出会うまでにはかなり苦労しました。

サイトマップ


■ 自己紹介

■ 40代向けのファンデーション

■ 艶肌を作るファンデーション

■ ツヤ肌になる、なれるファンデーションはコレ

■ 40代のためのカバー力とツヤ感のあるファンデーション ランキング

■ 40代のツヤ肌ファンデーションランキング

■ 40代のファンデーションランキング(40代が選ぶ人気ファンデーション)